WordPressスーパーカスタマイズ 書籍発売

2011年9月1日、サイドビジネスとして展開しておりました、弊社の著作が書店に並びました。
その名もWordPressスーパーカスタマイズ 3.2対応 ポテンシャルを100%引き出すテクニックです。

WordPressスーパーカスタマイズ 3.2対応 ポテンシャルを100%引き出すテクニック

2010年の「WordPressスーパーカスタマイズ 3.0対応 ポテンシャルを100%引き出すテクニック」が好評で、SOFTBANK Creativeから、改訂版としての刊行となりました。

メイン・ビジネスの守備範囲から、少しだけ方向を変えたWordpressの書籍制作であり、3度目となるSBCr・福井さん、風工舎・川月さんとの再びの共同制作ということもあって、書籍としての成立にも自信の1作となりました。

本書は、担当編集者・福井さんの情熱を最大限に反映する形で完成したものであり、初心者から中級者と自覚するウェブクリエイターのための1冊となっています。

「Wordpressは難しそう」「ハードルが高いんじゃないか」そういう人々のために、誰かがスタートラインを引いて、「よーいどん!」と掛け声をかけるような価値を持つ書籍、それが福井さんの思う、本書の意義です。「やってみたい」を「出来ることが増えた」という、クリエイターの変化につながる書籍の存在を思いながら制作は進み、本書は誕生しました。

実際に各自が挑戦して、やってみること、くりかえすこと、それこそが情報の発信者になるための基本です。
本書は、読む前と読んだ後で、行動が変わるという、クリエイターのビジョンに向かう情熱で、出来上がっているのです。

また、レイアウトの川月さんも、いつもながらのハイパー・スキルの大盤振る舞いで、分かりやすい本、伝わりやすい本、読みやすい本、読み返しやすい本に仕立て、著者の意志を汲み上げて、メッセージを演出してくれました。
書籍もWeb同様、1人では完成しません。同じ文章や図を提供しても、こういった連携の中で組み立てられた情報の価値は、読者にもダイレクトに響くと思っています。

書籍の作業をサイド・ビジネスとして行うことは、実際ハード過ぎるなスケジュールや、寄る年波と体力との戦い(今回、著しい免疫力低下で、1人は気管支炎を患い、1人は歯を4本抜きました…)、刊行後も、ヴァージョンアップにつれて廃れる技術系書籍ならではの再販なし、個々のサーバー対応の質問の山などなど、シビアな挑戦を実感したりもしているのですが、それでも、担当編集者の域を超えた、福井さん差し入れの「カツサンド」は、一生忘れられないでしょうし、出来上がった時の喜びを共有できることは、本当に嬉しいものだと改めて実感しました。

今回も弊社から、表紙はこうしてほしいとか、amazonの中身検索に対応させてほしいとか、たくさんのワガママを言いました。書籍用のサンプルについても、多くの相談もさせてもらいました。これまた、編集者の守備範囲を超えるリクエストを言い続けたという自覚もありますし、普通ここまでしてくれることもないと分かって尚、福井さんが受け止めてくれたからこそ、共同作品の結果が世に出せたと思うのです。

そして、この満足感は、情報を担うものであれば、触れる機会も、視界が変わる実感も、希望として持つものではないかと考えました。
これこそが、本書に関わったクリエイターからの読者への想いなのです。

書籍ですから、当然ページに制限があります。個別のサーバー環境やオーサリング環境など、全ての対応は出来ません。それでも、選択を決断を繰り返した結果が、ストライクゾーンに感じられる読者のもとに届くことを祈りつつ、多くの人が満足するための価格とサイズと視点と切り口が見合う1つの形を目指し、それぞれが力を出し切ったと、自信を持ってお伝えしたいと思っています。

なかなか良くできた本ですから、よろしければ、お手に取ってくださいませ!

という訳で、書籍の紹介です。

いよいよバージョン3.2にアップデートされたWordPressは、これまでの進化に磨きをかけることによって、使い勝手を大きく向上させました。もはやWordPressはブログツールではなく、汎用的なCMSといってよいでしょう。

WordPressという、初心者にとっては間口が広く、中級者・上級者にとっては奥が深いツールのポテンシャル(潜在能力)を、いかにして最大限に引き出すか?は、結局のところ、個人が基本の知識とテクニックを一つひとつ身につけていく努力を重ねることしかないものです。

本書は、そういった技術を、好奇心で前進するための応援として制作されました。「情報は所有するより、共有する時代」に、時代を反映し刺激あるWordpressに触れることで、webクリエイターにも、オープンソースの醍醐味を存分に理解し、味わってもらうための、ポジティブな1冊を目指したのです。
意味があるかないかを考えるよりも、価値を作りたい信念を胸に、情報を発信したい全てのwebクリエイターに、現役のweb屋が贈る、カスタマイズ・ソリューションです。

全272 ページ、B5変形、フルカラー。
ISBN:978-4-7973-6605-1
2011年9月1日発売。
2940円 (税込)

  • Chapter1 WordPressはすごい!
  • Chapter2 WordPressの導入と基本を知ろう!
  • Chapter3 投稿と管理の基本をマスターしよう!
  • Chapter4 テーマでサイトのビジュアルを変更しよう!
  • Chapter5 使い勝手のよいサイト構築をしよう!
  • Chapter6 プラグインで運用性を向上させよう!
  • Chapter7 マルチサイトを構築しよう!
  • 本書は、WordPressをCMSとして、徹底活用するために必要な、基礎知識を徹底的に解説しています。
    親しみやすいレイアウトを前提に、初心者から中級者に向けて、WordPress 3.2のコンセプトの理解を促しながら、新しく導入された機能も具体的に取り上げています。
    インストールや投稿の追加といった基本テクニックからスタートし、さらにはテーマやプラグインの導入や改造、スタイルシートやテンプレートの編集テクニックの組み合わせ方法、スマートフォン対応、マルチサイト化までを、実践しながらマスターしていくことを主眼におき、それぞれの項目を、じっくり丁寧に解説しました。

    新たにWordPressに飛び込みたいと感じているクリエイターにも、導入してみたものの挫折・頓挫してしまったというクリエイターにも、すでに利用していても「ポテンシャルを引き出せていないかも?」と感じて、さらなるステップアップを望んでいるクリエイターにも、まずは手にとって欲しい1冊です。

    WordPressの世界を自分のものにして、豊かな情報発信ができるクリエイターを目指しましょう!
    なにとぞ、よろしくお願い致します!