『EXIT』 運動への参加

MTV EXIT』 キャンペーンはテレビプログラム、デジタルコンテンツ、ライブイベント、さらに反人身取引反対組織とのパートナーシップを通じて、人身取引を防ぎ、この問題の意識を高める事を目的に活動しています。

国際連合の国際労働機関によると、全世界におよそ250万人の人身取引の被害者がいるといわれています。 (International Labour Organization 国際労働機関)

その半分以上の人々がアジア-太平洋地域にいます。 (United States Department of State 米国国務省)

犯罪者たちは人権を売買することで年間100億米ドル(約1兆2000億円)以上稼いでいるとみられています。 (United Nations 国際連合)

Hope Collective Inc. は、「楽しいこと全てが、正しい事とは限らない」と考えています。
人は生まれてくるときに、場所も、時代も、性別も、選べずに生まれ落ちるのです。「努力をした人が必ず幸せになるとは限らないが、成功した人は必ず努力の量が人より勝っている」と言えるのは、既に幸せになる前提を享受されているからであると思っています。

「誰かの願いがかなうときに、誰かが不幸せになるかもしれない」「誰かの欲求が満たされるとき、誰かの幸せが奪われているのかもしれない」と、楽しいことをしに出掛ける前に、一度考えて欲しいと思います。なぜなら楽しいことをすることで、他人の人権を奪うことの助長をしたり、加担してしまう可能性が、現代の地球上で起こっていることだからです。

好き嫌いで判断を繰り返し、感情を開放させることよりも、場所も、時代も、性別も、好きで選んでいない人生を、懸命に送る人々を想う時間が必要だとも考えています。

効果的な振る舞いを心がけ、世界に目を向けること、監視につながる抑止を身につけること、身近なモラルの向上を取り戻すことを実行してまいります。
無意識なエゴが、社会の本質を変え、子供たちの希望を奪う未来を望みません。

Hope Collective Inc. は、『EXIT』 の趣旨に賛同し、人身取引の問題がここで終わりを迎えることを望み、終わらせる努力への表明と共に、参加登録を致しました。