企業理念

企業とは、単なる営利追求組織ではなく、個人の働き方としての、社会的存在の結果であると、Hope Collective Inc. は考えております。

大人である個人が希望を持ち寄り、それが重なる場所が会社であり、ルールを守り、連携した社会の一員としての責任を果たしていることにより、その存在・継続性が確保されることが、企業であると考えています。

夢も欲も、個人で達成は可能ですが、個人では実現不可能な、けれども、共有可能な希望を持って、地域を含むステークホルダー(利害関係者)に対しての社会的責任を果たし、共存を追い求める場所でありたいと、考えています。
各自が責任と権限を保持し、目的とルールを理解して集い、その正当な競争を楽しむことが出来るものだけが、評価や対価を得る資格を持ちえる場所。その創業の思いに共鳴した者が集まり、社会に対して、何らかの価値を提供していく存在として成立した時にのみ、企業は社会的存在を認められるものであると考えています。
「希望の集合体」として存在する企業として、国籍も国土も人種も民族も年齢も性別も越え、この理念を追求し、実施することを継続してまいります。