『チーム・マイナス6%』 運動への参加

深刻な問題となっている地球温暖化。この解決のために、世界が協力して作った京都議定書が、2005年2月16日に発効しました。世界に約束した 日本の目標は、温室効果ガス排出量 6%の削減。これを実現するため環境省が立ち上げた 国民的プロジェクト、それが 『team-6%』 です。

一人ひとりの力はそれほど大きくないかもしれない。一人ひとりの行いは、ちょっとしたことかもしれない。でも、それがチームとなって結集すれば、地球規模の大きな力になれる。
「チーム・マイナス6%」。このことばには、そんな思いが込められています。

買い物袋を遠慮すること、エアコンを少し控えること、水や電気を節約すること。身近にできるちょっとしたことが、チームになれば大きな力になる。その力は、確実に地球温暖化防止に役立つのです。

みんな ができることを実践すれば、確実に効果が上がる。決して難しい目標ではありません。大切なのは、「自分だけがやっても」とあきらめないこと。チームの力を信じて、具体的なアクションを起こして、その効果を期待してください。

Hope Collective Inc. は、この『チーム・マイナス6%』運動に賛同し、参加登録を致しました。
会社や家庭での節約運動に加え全社的取組みとして、具体的なソリューション(実践法)を実行しています。

  • 就業中はCOOL BIZ・WARM BIZスタイルとし、エアコンの温度設定を 夏28℃、冬20℃に設定。
  • PC等の非接触時の速やかな電源停止。
  • 電球(電球形蛍光ランプ)の点灯時間の短縮。
  • 各種社内管理帳票の電子化を徹底。
  • コピー用紙の使用量を削減(優先印刷の選択と両面印刷)。
  • 資源ゴミ分別の徹底。
  • My箸・Myバッグの徹底。
  • オフィスガーデン(社内緑化)の推進。
  • グリーン購入(環境負荷のできるだけ少ない製品などを優先的に購入する行為)の徹底。
  • Hope Collective Inc. 全構成員と家族まで含んだ、環境配慮意識の啓発。
  • Hope Collective Inc. 社外関係者と取引先に環境配慮への取り組みを働きかけ。

個人も企業も、意識して「明日ではなく、今日のエコロジー」の取り組むと同時に、ステークホルダー(利害関係者)の皆様にも、ご協力をお願いします。