スキルアップ・サポート

Hope Collective Inc. では、個人の希望とスキルの向上の実現に向けて、インディペンデンスの確立を目指しています。
社員から「こういうことを出来るようになりたい」という意思表示があり、「こういう自分になったら、こういう風に貢献出来る」という説得が認められた場合に、会社からのスキルアップ・サポートを行います。

「そっちはそっちで頑張って。こちらはこちらで頑張るから」という対等さが、社会人の信頼であると思っています。それは能力とやる気を前提に、目標が共有された相手に対する、心地よさと尊敬です。
他社と同じ方向性を求めても、いい関係と結果に繋がるかは分かりません。年齢や性別で、引いたり待ったりしても、辿り着きはしません。
変わるのは、いつも自分から」そのステージに立って、やっと目に出来る風景がある筈です。

人の幸せは、個性の分だけあって、様々です。でも、幸せの定義は、誰にとっても同じです。幸せになっていい資格を持つ人は、「自分の幸せを認識し、掴み、離さず、利用し、味わうことの出来る人だけ」です。求める幸せに輪郭のない人は、そこには辿りつきません。自分の内側をさらって、具体的に感じ取ることが出来ない思いは、夢にはなりません。

輪郭のない思いは誰にも伝えられません。そうである限り、そこに辿りつくことはないのです。そして、命に限りがある限り「いつまでに」その思いを実現するか?という、締め切りを得て、はじめて目標となり、他所と共有することにより、希望となるのです。
そういった個人的な条件ナシには、それは叶ったように見えても、やはり人は満足をしません。そこに、分かち合い循環する、支えや評価がないからです。人は誰も可能性をたくさん持って生まれてきます。けれども、人が何者と受け入れられるのは、一つの見え方に他なりません。人は、誰かの目に映ることでしか、自分のサイズを知ることは出来ないのですから。

企業として、そういった希望の主張が、個人から発せられる場所でありたいと考えています。そして、それを重ねあわせるサポートだけを、したいと思っています。

社員独自が、自分の希望と他者との共有をプレゼンテーションし、時間と覚悟、予算と経費の概念を徹底させ、勝ち取る成功の体験を増やしてほしいと考えています。